PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3年の闘病生活

チャキの約3年に及ぶ闘病の記録。

※長文です。




チャキに異変が起こったのは
桜を見送って約4ヶ月後の2014年9月14日の事

当初は一過性のてんかん発作かと思われていたけど

ちゃきらしさ


その後発作を起こすこともなく
普通の生活を送れるようになっていたけど

1年半後の2016年4月16日から右に傾くなどの神経障害の症状が出始めてきた


舌など口に麻痺が出てきたのは2016年5月21日

最近のチャキ


こむぎの介護もあって
自力で食事や行動ができるように復活。

安心したのもつかの間 6月6日1回目の寝たきりになり24時間体制の介護生活が始まったけど


初夏のかほり

またもやこむぎの活躍?により 5日後でなんとか自力で動けるまで回復


昼間の麦茶

その後約1年ほどは
徘徊や夜泣き。。右に傾くなどの小さな変化など
繰り返しながらも自力での行動が出来ていた

気圧の変化や温度変化が刺激にならないように
気を付けていたけど、2017年8月22日2度目の寝たきり状態に。。。

1度目も2度目も口に麻痺が出て食事が困難になっていたけど
それでも時間をかければちゃんと飲み込むことが出来ていた

食べることが出来れば体力も落ちることもないと
思っていたけど、チャキも年齢と共に
足腰も弱ってくるから回復も遅く。。

それでも約1ヶ月ほどしたら自力で生活ができるように
なっていた。

気圧の変化が心配な梅雨も乗り越え
暑い夏や台風の季節も乗り越えたのに

2017年12月21日頃から、右に激しく転倒(真横に一回転)するようになり。。。


そして2017年12月24日。。3度目の寝たきり生活に。。。

191224.jpg


今回。。今までとは違う!と思ったのは
食事が出来なくなった事

この日を境に口に入れても反応せず。。
飲み込むことすらできなくなっていた。


そしてトイレも今までは寝たきりになっても
トイレまで連れていき支えてあげれば
不自由ながらも排泄できていたのに。。

3度目は全身に力が入らず
生まれたての乳飲み子状態で。。。

何度もトイレに連れていく行為は
寝たきりのチャキにとって相当疲れる事だとしり

2017年12月26日 ついにおむつ生活となる。


全く体が動かせなくなっても
おちっこした感覚はあるようで
最後までちっこしたら
小さな声でひゅんって言ってくれたチャキ。

このままでは新年を迎えられない
と覚悟しながらもチャキの生命力を信じ

またチャキもそれに答えてくれ
2018年1月6日には舌を動かせ水を飲んでくれた


201816.jpg





何度も昏睡状態に陥りながらも
呼吸し続けてくれたチャキ




チャキが動けなくなった最後の18日間
毎日たくさんお話ししました。




チャキ
うちに来た時の事覚えてる?




チャキ
あの時楽しかったね~





チャキ
あの時はごめんね






そして最後に



チャキ。。。ありがとう


                                                                                                                                                                                                  

|  脳神経と介護生活 | 09:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT