FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チャキがいない夜

チャキを見送ったその夜の話。


18日間。
リビングのこたつで寝ていた私。

チャキの寝息がわかるように
枕元にチャキを寝かせると

私の胸辺りで丸くなって寝ていたこむぎ。


チャキがいなくなったからってすぐに
ベットで眠る気に慣れず

独りぼっちになってしまったこむぎの事も
気にかかり、その日もいつものように
こたつで眠ることにした。


いつものようにこたつに布団を入れて
寝床をセッティング。

いつもは、この時点で
自分のポジションに来るはずのこむぎが来ない。。


いつもと同じようにしているけど。。
いつもとは違う



一番大事なチャキがいない。。



ただそれだけなのに。。。


チャキがいない

ってことがこむぎにとっては一大事なようで。。。


ウロウロと

リビング中を徘徊。。


チャキが寝ていたベット。。。

チャキの通院用ベット。。。。。


匂いを嗅いで回るこむぎ。。。



チャキ姉を探してる姿に。。。

また涙






                                                                                                                                                                                                  

| ★こむぎの小話♪ | 09:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT