PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

旅立ちの時

朝いつものようにチャキを連れて病院へ

チャキの状態をず~っと見てくれていた先生が

この日初めて言った。。。


そろそろ覚悟の時ですよ。


いつか来るであろうその日の事は
考えてはいたけど。。。

何度も悪化しながらも復活してきたチャキだけに

完全寝たきりになっても
無反応になっても・・・・

ずっとこのまま一緒に入れる気がしていた。


午後12時すぎ


チャキの呼吸が浅くなっていることに気が付き
チャキに話しかけながら抱いていた

しばらくして。。。

呼吸が確認できなくなった。

今までも無反応な昏睡状態を繰り返していたから

またいつものように。。。

って思っていた。。。。



そばで見ていたバカおやじ(旦那)が
また戻ってくるかもしれん

って。。。


本当にいつ逝ったのかわからない程。。。

静かに。。。

自然に。。。。


旅立ったチャキ。。。。



桜が迎えに来て
一緒に行ってしまったんだってわかってからも

また呼吸が始まるような気がして。。。

最後までおちっこしたら
か弱くひゅんって言ってたチャキだけに

またおちっこしたよ~って
言ってくれそうな気がして



桜の時もそうだったように。。。。
ブログを止めちゃうと2度と書けないような気がして

チャキとの事、綴っていこうと思うけど。。。
頭が。。。動かない。。。


全く実感がわかなくって。。
何も考えられなかった。
                                                                                                                                                                                                  

|  脳神経と介護生活 | 20:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT