PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

平成の時代に現れた奇跡の名犬にあやかって in慈尊院

真田庵のすぐ近くにある慈尊院


慈尊院



ここは弘法大師空海が高野山を開いた時に
讃岐の国からお母様が訪ねてきたけれど
女人禁制の高野山に
お母様といえども登らせるわけにはいかない

とお母様を住まわせるために建てられた所


慈尊院~


慈尊院といえば有名なのは奇跡の名犬と言われたゴン

昭和60年代に付近に住み着いた雑種の白犬
誰が教えたわけでもないのに平成元年ごろから

ここから片道20㌔ 7時間かけて
高野山まで歩く参拝客の為に
道案内をしていた名犬


弘法大使とゴン


弘法大師が高野山を開いた時も
2匹の犬に導かれたと言う話が残っていて

ゴンはお大師様の犬として親しまれ
2002年6月5日に息を引き取った後

その話は絵本となり今なお語り継がれています。









高野山も慈尊院も弘法大師も
お犬様に縁があるって事で犬様にはやさしい所。


お土産



今回は天気が悪かったから
我が家のお犬様にはお留守番してもらっていたけど

お土産を買ってきたよ~


チャキとこむぎのお守り


頭の弱いチャキさんと
心臓の弱いこむぎさん


少しでも長く一緒にいられるように♪

少しでもおりこうさんなゴンにあやかれるように♪


お守り


お守り♪


※ゴンは当初、九度山駅近くに住み着き
 小学校まで子供たちの送り迎えをしていたと言われています。

 その後慈尊院から高野山まで道案内を始めたのが
 平成元年、この時ゴンは13歳

 亡くなった平成14年6月5日は弘法大師のお母様の命日であり
 ゴン26歳だったそうです。

 長寿だったゴンにあやかって

 チャキもこむぎも長生きしてね♪
                                                                                                                                                                                                  

| ★まきねぇの時間&探検 | 09:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT