PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

さっちゃんの笑顔

楽しそうな笑顔で走り回りながらさっちゃんがやってきた♪

私の廻りを楽しそうに走り

しばし休憩でち~♪

って感じで足元に伏せたさっちゃん


桜の月命日だった昨日の夜

初めてさっちゃんが夢に出てきてくれた。


普段は抱っこが余り好きでなく
足元にぴったりひっついて座ってる事が多かったさっちゃんだけど

夢の中では私の腕の中で
ウトウトしていた。


すっごく幸せな夢だったのに



寝がえりを打ったバカおやじ(旦那)の腕

私の後頭部を直撃

夢から覚めてしまった!!!


((o(>皿<)o)) キィィィ!!


せっかくさっちゃんが会いに来てくれたのに!!

邪魔しやがって!!!!


ここで目を開けると今度いつさっちゃんに会えるかわからないから
夢の続きを見ようと目を閉じたままでいた私


気持ちが通じたのか?

私のひざにはチャキ
腕の中にはさっちゃんがいて

幸せな気持ちで朝を迎えた。


もうこの手に抱く事も

触れる事も出来ないけれど



月に1度でも

夢に出てきてくれたら


すごくうれしい。
                                                                                                                                                                                                  

| ★まきねぇの小話 | 09:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT