PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

祝日の呼吸困難にテンパる私

昨夜から呼吸状態が気になる感じだったけど
動きはまぁまぁだったので様子を見ていたら

朝、7時ごろから急激に呼吸困難状態に。。

あわてて先生の極秘携帯電話に連絡を入れるも繋がらず。。


何度も何度も先生に連絡するも繋がらず。。

その間も桜は今までにないほど苦しそうで見ていられず
他の病院を探す事に!

以前、子宮蓄膿症でお世話になった先生に電話を入れると

『今は人手不足なので処置出来ません』

と断られた!

人手不足って!!一人で出来るはずの処置なのに!!

他の病院にも連絡したけど、ダメで。。



救急車を呼んだ人間でも
たらいまわしになる世の中だから、

他で治療中のがん患者なんて
見てくれる病院はないんかな?

と思いながらも
何件も電話をかけてようやくお昼前に病院へ行く事が出来た。


他の病院が閉まっている連休とゆうことで
急患で一杯だったけど、

順番を待っている間、酸素を吸わせてくれた。

酸素酸素



桜の病状と飲んでいる薬などを見せ
明日、抗がん剤注射の日である事を告げると

『このままだと明日までもたんよ』
と。。。

エコー検査で、胸水がかなり溜まっているので、

『僕の方法でいいかな? 早く抜いてあげないと
 結構辛い状態ですよ』


私には何にもしてあげる事は出来ないので
先生にお願いするしか方法は無く。。。涙


抜いてもらっている間に
桜の容態が急変しかけて、

酸素を吸わせ様子を見ながらの処置で

結局、200cc以上も胸水が溜まっていた。

酸素吸引中

桜の身体で200ccは結構な量らしく
しかも2日に抜いたばかりで、
これだけ溜まっているって事は。。

もう末期状態。。だとか。



それでも、この状態で5度目の水抜きを耐えている桜に

先生は

『苦しかったなぁ~今抜いたからすぐに楽になるよ
 桜ちゃんはがんばりやさんやなぁ~』


とやさしく撫ぜてくれた。


酸素は大事


桜の呼吸が落ち着くまで、
酸素吸入してもらっている間、

先生 『この状態で朝の薬飲めました?』

私  『はい。』

先生 『無理やり飲ませた?』

私  『友達が作ってくれたワンコパンに入れたら
    普通に食べてくれたよ~』


すると先生は

ほんまにこの子はがんばりやさんやなぁ~

あの状態だと、かなり苦しかったはずやのに、
これだけの量の薬をでちゃんと薬飲むって


と何度も何度も撫ぜてくれた。



午前中は病院が見つからず私もかなりテンパったけど

今、桜は呼吸が落ち着いて来ているので安心です。


                                                                                                                                                                                                  

初診料
酸素吸入
胸水抜き
エコー検査
注射2本 
     ¥12,300-

|  悪性リンパ腫と胸水 | 14:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT