FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

胎児吸収

今日、なんだか急に胸騒ぎ?がして
不安で不安で・・気になりだしたら止まらない。。

夕方、不安解消にと桜を連れて病院へ。。

すると。。。確かに居たはずの子供が居ない。。。

流産した形跡も無い。。。

胎児吸収というまれに起こる現象らしい。。。

原因はなにか?色々聞いてみたけれど、
先生いわくコレは自然に起こることで原因など無いらしい。。

帰宅後ネットで調べてみると
某ブリーダーさんのHPにも記載されていました。

何度か出産経験のある母犬の話

交配27日で確かに2~4匹確認できていたはずの子供が
出産直前2匹がレントゲンに写らず母体から消えている事があったとか。。。
唯一確認できた子供も育たず流産してしまったとか。。。

動物は生存競争の中で生き抜くための本能を持ち合わせています。
生命力のある者だけが生き残り、弱いものは淘汰される・・・

外界に出てちゃんと生育する可能性の低い胎児であるなら、
無理に出産して自分の体力を消耗させるより、
自ら吸収することで、自分の体力を消耗させない道を選んだのでしょう。と

このHPでは胎児吸収が起こったのは手作りフード?
フードを変えたことによって起こったのではないか?となっていましたが
桜の場合。。。フードも変わらず。。たまにおやつを与える事ぐらい。。。

確かに、病院で見てもらったときは
『小さいけど確かにいてる』と先生は言ったし
今回も先生は『確かに居たはず!!』と何度も確認してくれて
子供が小さすぎて育たなかった為、母体に吸収されたと考えるのが自然だとのこと。。。

もう少し大きいたい胎児が吸収させた場合
骨の一部が異物となって子宮に残る事もあるとか・・
もしその場合でも何の問題も無いらしい。。。

今は何が起こったのか理解できず。。。
言葉が整理できない状態ですが
今後同じような事が誰かの所でも起こるかもしれない。。。


そのときの為に。。今回の事を記載したいとおもいます。

そして落ち着いたらサイド勉強をしコチラを細々と更新していこうと思っています。

最後に桜の出産を応援してくれた皆様
本当にありがとうございました。
桜自体に問題は無いらしく、今後も出産可能とのことですので
諦めずにいたいと思っています。

                                                                                                                                                                                                  

|  妊娠と胎児吸収 | 14:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT