PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

本当に怖い!寄生虫~フィラリア

■□■ フィラリア ■□■   【敵は蚊】  5月下旬~12月頃(和歌山の場合)

 フィラリアの感染源は蚊です。
 犬から犬へ感染する事はありませんが、その血を吸った蚊に刺されると感染します。

 なんの予防もしない場合は40%の確立で感染します。

 蚊の体内で成長したミクロフィラリアが、
 犬の体に進入し、2~3ヶ月かけて脱皮うぃ繰り返しながら血管に進入します。

 そして静脈をつたって心臓に到着し、感染後半年後には成虫となって、
 右心室や肺動脈に定着するようになります。

 心臓や肺に進入されると死亡にいたる怖い病気です。

 愛犬を苦しめるだけでなく、成虫となったフィラリアは犬の血液中で
 幼虫(ミクロフィラリア)を産むようになり、
 蚊の吸血によってほかの犬へ感染が広がるようになります。


■■■■■■■ 症 状 ■■■■■■■
息が荒くなり、心臓病のような症状が現れます。
 進行するとお腹に水がたまって膨れる、意識がなくなる、
 血を吐くなどの症状が現れ、やがて死に至ります。

■■■■■■■ 治 療 ■■■■■■■
 蚊の活動が始まる春先から、活動しなくなる秋の終わり頃までの間、
 月1回の予防薬を定期的に与えることです。

 しかし、この方法は正確には感染予防ではなく、
 寄生したフィラリアを成長前に死滅させる早期駆除です。

 その為予防薬の投与は、蚊がいなくなる時期の1ヵ月後(秋の終わり頃)まで
 投与を続ける必要があります
                                                                                                                                                                                                  

|  豆知識 【危険編】 | 13:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT