PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

身体に良い食材 【野菜】

人間もワンコも手作り食材に欠かせないのが野菜。


【野菜】 
 野菜は食物繊維が豊富なので与えるほうが良いけれど
 ワンコは本来肉食なので、野菜は細かく噛み砕く事が出来ず、
 多くは消化せず排泄されてしまいます。

 すりおろすかみじん切りにして与えるほうが消化に良い

 ほうれん草のようなアクのきつい食材は結石になる可能性が高いので注意が必要!!


●かぼちゃ 
 かぼちゃは野菜の中でも特にカロリーが高く、ビタミンとミネラルが豊富なので
 血行促進し、皮膚や粘膜を丈夫にしてくれる。
 特にベータカロチン(ビタミンA)や食物繊維も豊富。
 栄養素は皮に近い部分にあるため、薄く皮を切って使用すると良い。

(栄養効果) ガン予防・老化防止・感染症予防・糖尿病予防

●キャベツ
 胃腸の粘膜の新陳代謝を助けるビタミンU(キャベジンと呼はれる)と、
 骨粗しょう症に効果的なビタミンKの両方の作用で、消化不良を防ぐ効果がある。

 特に生で与えると便通に効果あるので、生で与える場合は細かく刻むように。

(栄養効果) ガン予防・皮膚・胃・整腸効果・丈夫な骨作り

 ※但し、食べすぎると甲状腺が腫れるので要注意!

●にんじん
 ビタミンAが特に豊富。鉄なども多く含む。がん予防と抗酸化作用がある。
 ビタミンCを壊さずに与えるために、生ですりおろしてから与えるのが良い。

(栄養効果) ガン予防・白内障予防・感染症予防

 ※感染症にかかりやすい子やアレルギーなどでワクチン注射を打てない子には
  毎日手作り食に加えてあげるのがお勧め


●じゃがいも
 ビタミンCが豊富で肉の毒素を消す働きがあり、アレルギーになりにくい。
 カリウムは筋肉の動きを良くし、腎臓機能の回復を助ける効果がある。

 ※但し、ジャガイモの芽は毒素があるので取り除く事! 

(栄養効果) ガン予防・消化吸収


●さつまいも
 ビタミンCと繊維が豊富。便秘を予防し、塩分の吸収を抑制する。
 皮の下に多くの成分が含まれているので、皮をむかずに調理するのが良い

 加熱しても壊れにくいビタミンCが多く、糖の代謝を促進するビタミンB群も豊富なので
 糖尿病の子にもお勧め♪ 低カロリーなので、腹持ちもよい

(栄養効果) ガン予防・動脈硬化・骨の強化便秘解消・高血圧予防


●大根
 
 でんぷん分解酵素・タンパク質分解酵素を含む。
 酸素は熱に弱いので大根おろしやスティックなど生が良い。

 大根おろしが苦手な子は擦ったりんごと混ぜてもあげる方がよい
 
 ※但し、ダイコンはすりおろしたまま置いておくとビタミンCが破壊されるので
  食べる直前にすりおろす方がよい。

  又、鉄や銅などの金属に触れると酸化してしまうので、プラスチックですりおろす方がよい

(栄養効果) ガン予防・整腸・便秘解消・精神安定


●ブロッコリー
 ビタミンCがレモンよりも多く含まれ、“癌予防”に効果がある。
 体内で、ビタミンAに変わる“カロチン”も豊富。

(栄養効果) ガン予防・動脈硬化・高血圧予防


 ※ただ個体差があるが消化不良を起す場合があるため、加熱させ
  手作りフードに慣れてきた頃に与えるほうが良い。

 ※食べすぎると甲状腺が腫れる場合がある


 ※但し、加熱は5分以内で無いと栄養素がなくなるので難しい食材の一つです。


●ゴボウ
 糖分の吸収を抑制する作用があるため、糖尿病や肥満の犬におすすめしたい。
 必ずすりおろしてあたえるほうが良い。

(栄養効果) ガン予防・動脈硬化・腎機能強化



●ピーマン 
 ビタミン類やミネラルが豊富。免疫力を高め牛肉に含まれる毒素を中和する成分を含む
 β―カロチンはトマトの3倍以上、ビタミンCはトマトの13倍も含まれている

(栄養効果) ガン予防・整腸動脈硬化・老化防止・


●小松菜
 カルシウムやビタミンB群、鉄などを多く含む。
 生のものは、“ナトリウムの排泄”を促して“高血圧”を予防する“カリウム”が豊富。

(栄養効果) ガン予防・動脈硬化・血行促進・解毒作用

 ※肝機能を高め、解毒に効果がある。又亜鉛を多く含んでいるので、ケガの回復にも酔い


●白菜
 白菜は95%が水分の食材なので負担無く与える事が出来ます。
 カリウムが芯の部分に、ビタミンCは芯と外側の葉の部分に多く含まれている。

(栄養効果) ガン予防・動脈硬化・血行促進・解毒作用


●きゅうり
 きゅうりは全体の96%が水分で出来ているので、体温をさげる効果がある。
 特にカリウムが豊富で余分な塩分の排出。利尿作用があるので
 夏ばて防止に生で与えると良い。

●レタス
 95%が水分のレタスはカロチン・ビタミンC・Eの組み合わせで、
 細胞の老化防止・抗癌作用に効果的です。
 また、カリウムが体の余計な塩分を排出し、食物繊維が便通の改善に役立ちます





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


甲状腺の悪いワンコにはダメ~
キャベツ・芽キャベツ・蕪・大根・ブロッコリー・カリフラワー・小松菜・白菜など。

グルコシノレートの含硫化化合物が含まれており、これが分解されて、イソチオシアネートになると、
ヨウ素の吸収を阻害する。ヨウ素は、甲状腺ホルモンの成分なので、
甲状腺の悪い犬には与えてはいけない


関節炎・呼吸器疾患・寄生虫感染のあるワンコはダメ~

なす・ピーマン・トマト・ジャガイモなど。
アルカロイドが含まれるため。健康な犬も、火を通して与えた方がよい。
                                                                                                                                                                                                  

|  豆知識 【食材編】 | 17:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT