PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

桜。。2日目

約束の10分前に病院に到着。


少し待って診察が始まった。



呼吸状態は昨日より改善されてるとの事。



それはうれしいことだけど



この治療(注射)で呼吸が楽になっているとゆう事は・・・
腫瘍が少し小さくなったとゆう事。。


この治療(注射)で腫瘍が小さくなったとゆう事は

悪性リンパ腫の可能性が高い。。。。らしい。。。


桜の場合、心臓の横
ちょうど胸の真ん中あたりに腫瘍が出来ている。


縦隔型(じゅうかくがた)悪性リンパ腫
 縦隔と呼ばれる左右の肺と胸椎、胸骨に囲まれた空間に発生したリンパ腫で、
 咳や呼吸困難などの症状が見られます。




今はとりあえずこの治療を続けて、



最小限まで腫瘍が小さくなったら
抗がん剤治療に切り替える。。。らしい。。。



抗がん剤使用に際し、部分的に脱毛してしまうけど、
8割程度のリンパ腫が消え、
2年後の生存率は25%以上



ある程度小さくなったら手術して摘出は出来ないのか?
と聞いてみたけど、


出血した時など、血を固める働きをする血小板は
通常、正常値 200~500×10^3/µl


なのに対し、桜の場合は8.。。。

これはゼロと言っても過言ではないらしく

今の状態では手術なんてもってのほか、

少しの怪我や内出血でも命取りになる状態との事。



毎年31日にトリミングに行ってきれいにしてもらっていたけど、
今年はトリミングも禁止。


気になっていた、昨日の桜の足を引きずる行為は
やっぱり注射による痛みらしく。。


足を引きずるほど痛かった注射を
今後もしばらく続けなければならないのはかわいそうだけど、


今は、桜の自然治癒力と生命力を信じて
出来る治療を続けるしかない。


サクラを見守るチャキ

※昨夜の光景。私の足元で眠る桜と
 少し離れた場所から、桜を見守るチャキ。
                                                                                                                                                                                                  

ステロイド注射
飲み薬
  ¥3,000-

|  悪性リンパ腫と胸水 | 10:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT