PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ちょっと重い話 ②

父の姉弟は、父以外は5人が女


3人の姉は離れた場所に住んでいるけど、

私の母のような存在の人は
3軒隣の姉と徒歩2分の妹



数年前、、

積み重なってきた我慢も限界だったのか
些細な事がきっかけで、
母が徒歩2分の所に住む父の妹と大喧嘩し、
以来絶縁状態になっていた。


それからず~っと母の愚痴も
徒歩2分の妹の愚痴も聞いて
3軒隣のおばちゃんは間に入ってくれていた。


そして、久々にお通夜の席で顔を合わせる事になった2人。


また言い会いになったりしたら。。。と
内心ドキドキしていたけれど



3軒隣のおじちゃんが涙声で一言


おばちゃんが亡くなる前に2人の事をすごく心配していたと。。。


皆70を過ぎて、だんだん兄弟や姉妹も減っていくのに
残った者がいつまでもいがみ合っているなんて。。と



母はいつまでたっても嫁は嫁でしかない!
って思っていたようだけど、

長い年月が経って、今となっては嫁も義姉妹でもない。

これからは昔のように話をしようと。。。。。



母のような存在の3人


そのうちの一人が亡くなって


母ともう一人がいがみ合っているなんて
私としても心が痛かったから



心の奥底にはしこりがあると思うけど、
数年ぶりに会話をしている母とおばちゃんを見て


亡くなったおばちゃんは
最後に二人の心を溶かしてくれたのかな?って思った。





                                                                                                                                                                                                  

| ★まきねぇの小話 | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT