PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ボランティア難民にならないために

マイミクサンの日記に
混乱する今だからこそ知ってほしい記事だと思ったので

コピペさせていただきます。






【以下、西宮市議会議員 今村岳司氏のブログより転載】



16年前に私は被災し、実家を全焼して失いました。
それいらい、私はよほど小さな地震でも、気分が悪くなるほど怖いです。

記憶よりさらに奥のところに、あの恐怖が刻みつけられている気がします。


今回の地震は、一瞬眩暈がしたかと思いました。
でも、周りで揺れているものがあったので、それは地震だとわかりました。


吐き気を抑えなければいけないほど気持ち悪かったです。

でも、まさか、これほどのことになっているとは思いませんでした。


いらい、日々仕事に集中していても、
何か腹の底に溜まっているような気持ち悪い感覚があります。
不安なことや面倒なことを抱えているときのような。

よくよく考えたら、それは東北の地震のことだ、とわかりました。



悔しくて、悔しすぎて、記憶から消していたことが、いろいろ蘇ってきて辛いです。



ひとつは、観光気分で来た自分探しボランティアの連中のこと。
彼らは、人から感謝されることを楽しみにやってきただけでした。


だから、汚れ仕事やしんどい仕事は何かと言い訳しながらやりませんでした。

彼らで集まって楽しそうに親睦を深め合っていました。

そんな彼らに「惨めな被災者」と扱われる屈辱。
何日か経ったとき、避難所のリーダーが耐えきれずに怒鳴り散らして

彼らを追い返してくれました。
彼らがいなくなっても、彼らに受けた屈辱は消えませんでした。




【中略】




私はこの地震で何も失っていない部外者です。
そして、この地震に対して何もできない無力な素人です。


ただの「被災していない人」です。
被災していない人間に被災者の気持ちが分かるわけがないのです。


分かるわけがない相手に分かったようなことを言われたりされたりすることこそが、
相手に「被災者の気持ちなんて結局誰もわからない」を痛感させます。

とにかく、自分にできることなど何もないことを受け容れることが必要です。
「何かしよう」という気持ちが、本当に自己満足ではないのか、
よくよく考えるべきです。


政府の大規模な財政出動に理解を示すこと、増税を受け容れること、
節電など、政府の呼びかけに応じて、不便を受け容れること、
被災者の苛立ちや要望をただ受け容れること、

プロが呼びかけるボランティアや募金に参加すること。
これくらいが関の山なのです。


「被災経験のあるあなたに訊きたいが、被災地に対して何かできることはないか」
と友人に訊かれたので、こう答えました。



まずは、呼ばれでもしないかぎり、絶対に被災地に行かないことです。

被災地から出ようとする人、入ろうとする支援部隊や家族で
アクセスはただでさえ大混乱ですから非常に邪魔です。

統制もとられておらず装備もなく訓練も受けていない「ボランティア」は
【ただの野次馬観光客】です。【何の役にも立ちません。】



自衛隊は、食糧から水から燃料から寝具から、全て自前で用意して出動します。



しかし、手ぶらのボランティアは、
被災者が食うべきものを食い、被災者が飲むべき水を飲み、
被災者が寝るべきところで寝るのです。



完全に現場指揮に従うのであれば、
しかも生き地獄での救援活動に耐えうる技術と精神力を備えているのであれば、
行ってこればいいと思います。



次に、要請されないかぎり何も送らないことです。
何が不足しているかもわからずに送られてくるものは、千羽鶴と同じゴミです。

「着るものがないだろう」とボロを送られても馬鹿にされたと思うだけです。

水もガスもないところにカップ麺を送られても意味ありません。

現場に何が必要かを理解しているのは現場のプロだけです。

「○が不足しているのでどこに送って欲しい」という呼びかけに応えるのであれば、
ぜひ送ればいいともいます。



そして、ぜったいにこちらから安否確認の通信をしないことです。


安否確認したいのは被災していない側です。

被災していない側が安心したいだけです。

安否確認などされても被災者には何の益もありません。

安否確認で電話することは、 通信が復旧しきっていない情況で、
被災者でない側が安心したいがために通信を使用する行為です。



要はプロに任せることです。
16年前、遠くのまちの名前が書かれた消防車やパトカー、
そしてなにより規律正しい自衛隊が来てくれたときには、
ほんとうに嬉しかったです。

彼らは、これまでに見たどんな人間より気高かったです。

彼らはプロとしての技術を持っていましたし、
彼らは私たちに感謝されることなど求めていませんでした。

被災地に必要なのは、プロだけです。







ココまで




書き方は過激かもしれませんが、
言葉を選び聞こえの良いきれいな日本語を並べるよりも
わかりやすく、これば現実だと思いました。

だからと言って何もするな!

って事では無く、

今の自分に何が出来るかって事だと思います。


人にはそれぞれ役割ってあると思います。

医療知識のある人は医療ボランティア
救助知識のある人は救助ボランティア

なんの知識もない私たちには、何が出来るのか?を
知るべきだと思いました。

たった100円でも出し合えば、それは大きな額になるんです。

一つのコンセントを抜く行為に大きな意味があるのではないでしょうか?

節電とは、今回の地震被害だけではなく
温暖化が叫ばれる今だからこそ、皆が協力することで、

将来的には大きな意味になるとは思いませんか?
                                                                                                                                                                                                  

| 知ってほしい話 | 08:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT