PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

連れもていこら風来坊~湯浅編 ②~

おなかも満たされた所で次に向かったのは~

この町の代表的な建造物となっている所


角長

天保12年(1841)創業の角長

慶応2年(1866)に建てられた職人蔵には、日本でただ一つの【足踏み小麦ひき割機】や
創業当時から使っていた道具・醤油作りのノウハウを語り部の方が説明してくれます。

抱っこすると、ワンコもOKだったけど。。
撮影はNGだったので。。。残念。。。ふる~いいいものたくさんあったんだけどねぇ~


しょうゆ樽とチャキ桜


この角長の街並みは明治初期に書かれた絵と今も変わらず
立ち込めるしょうゆの匂いと共に、この町の顔となってます。


とてもわかりやすく かつ楽しく説明してくれた語り部さん
本当に親切で、ここまできたら、ここも見ておけばいいよ~と
すすめてくれたのは~甚風呂


甚風呂


江戸末期から昭和末期まで湯屋として実際に営業していた所

ここもワンコ一緒でもOKって事で、内部潜入~♪


こんな感じ~


創業者は愛媛の道後温泉をイメージして作ったらしく
浴槽は大きな1枚の御影石を小豆島から運ばせて作ったとの事。。


アルミ洗面器

こんな風呂桶見たことない~

今となっては幻のアルミ製の風呂桶


あそぶ二人


1階は共同浴場となっていますが、2階の住居だった部分は
近所の民家から寄付された古民具展示資料館となっています。


風呂を焚く裏側


レンガで覆われたボイラー室を横目に見ながら入っていくと


2階はこんな感じ~


古銭や藩札を始め、本当にたくさんの展示品であふれていました。


古物収集


見る物全てが新鮮でたのし~♪


甚風呂から出るぺ


なにより、この町の資料館など全てが無料~

駐車場もタダで置かせてくれたし~♪


いい街並み


湯浅最高~♪


古いもん好きの私には
たまらない風景や建造物が一杯で気がつけば100枚以上も撮ってた。。。


ブログに載せる画像も厳選したけど。。。

選びきれず。。。




しつこく。。。つづく
                                                                                                                                                                                                  

| ★風来坊★ 連れもていこら編♪ | 09:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT