PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

頭部強打。。3日目

チャキの症状が落ち着いてきましたので日をさかのぼってUPしています。

【頭部打撲。。チャキの危機】
【頭部打撲。。2日目】からお読みください。




いつもは猪突猛進な桜も
今回の事はただ事じゃない!と悟っているのか?
チャキにまとわりつくのを控えている様子。

心配そうにそ~っとチャキのそばに座っていたり
ゆっくり顔をなめたり。。
桜なりに気を使っているみたい。


いつもは、おもちゃを咥えては
『これであそぶでち~』
とチャキに押し付けに行ったりするのに、
あれから桜もおもちゃで遊ばず静かにしている。

昨日、相棒がお見舞いに来てくれた時は
恐ろしいほどのハイテンションだったけど。。。。

それ以外はおとなしくしてくれているので
安静にしなきゃいけないチャキの状態としては本当に助かる。


一時はどうなるかと思ったけど、
少しずつ元気になりつつあるようで、
日中ほとんど寝ているけど、
3日目にして、ペロペロなめるようになってきたし
時折抱っこをせがむようになってきた。


回復しつつあるチャキを見て旦那も私も改めて感じた事。

もちろん桜も大事だけど
チャキが元気でいるからこそ、毎日が楽しいってこと。

頭部強打してぐったりしていた19日は私も旦那も食欲が無く。。。。
この日は、ちょっと奮発したお肉だったにもかかわらず
夕食すらまともに食べれず。。。ほとんどを残した私たち。

チャキが食べてくれた20日は
安物の干物だったにも関わらず~食欲もビールも進む私たち。

単純だけど、いつものように、食事をする旦那のひざにチャキが陣取り
足元に桜が伏せている。

時には、おかずやご飯をねだるチャキ桜の姿があってこそ
我が家の一家団欒の食事風景で、私たちの食欲も増すって事。



今回、チャキが回復したから言えることだけど。

何気ない日常生活の中にも危険が一杯で
まして体の小さなチワワ

何度も頭ぶつけていても大丈夫でも
一度当たり所が悪ければ、それで終わってしまうかもしれない小さな命。

この小さな命を守る為にも
病院はちゃんと選ばなきゃいけないって事。


チャキが挑発し、桜がチャキを追いかける。
最終的にチャキがPCの下に逃げ込む。

これは日常的に行われている行為だったから
普段は気にも留めていなかったけど

この行為によって頭を強打し、危険な状態に陥ったのは事実。

何気ない生活の中にも危険が一杯で
今日大丈夫だからといって明日も大丈夫とは限らないと言う事を
痛いほどわかった私。


ネットでいろいろ見ていると、
頭を打って水頭症になる後天性水頭症が気になり。。。

頭を打ってすぐに発症するのか?
はたまた後日発症するのか?
わからないことだらけで、
調べれば調べるほど不安が大きくなり。。。

不安のまま時間を過ごすのは嫌なので
夜間に診てくれた病院へ電話。

救急で行った時のチャキの様子と今のチャキの様子からみて
後天性水頭症になる可能性は低いとのこと。

ただ、かなりの衝撃があった事を考えると
念のため今後しばらく、硬直やけいれんなどの発作が起こらないか
見守った方がよいとのアドバイスをいただきました。

ちょうど、桜もヒートで外出できないし
もうしばらくは興奮させないように安静にしていようと思います。


                                                                                                                                                                                                  

|  頭部強打 | 15:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT