PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

猪突猛進。。の結末

先日、和歌山市内に出没し
民家や通行人に怪我を負わせながら逃げ回っていたイノシシ。。

のどかな風景の和歌山といえど

さすがに市内にイノシシが出没!!

なんて初めての事。。


しかもすぐ近くでの出来事!!

新聞に載っていたイノシシの通ったルート
目撃証言によると

ほっぺっぺのマンション近くの山から出てきたイノシシは
川を泳いで渡り、民家を荒らし、
和歌浦にある行きつけの焼肉やの前を爆走し、
今年の夏、お伝えした100年に一度花を咲かせる
龍舌蘭前を通り
我が家の家を横目に見ながら一直線に和歌山市駅にむかったらしい。。

このルートはチャキ桜の行動範囲内

時間こそ違うけど
遭遇していたかも知れないと考えると。。怖い。

地元の調べによると、
その山には今も100頭近くが生息していると
確認されてるらしい。。。

その山は関西一の早咲きの桜の名所として知られるお寺がある山で

毎年初詣に行ってるのに~~~

知らなかったよ~
100頭も生息してるなんて~~

知った限りは怖いやん~

また出てくるかもしれないし~



市内を爆走したイノシシ
その後どうなったかといいますと。。

川を泳いでいるとの通報により捕獲隊が結成されたけど
草むらに隠れたり住宅街を爆走したりと捕獲は難航。。

その後、南海本線の電車にはねられ、、
死んでいるのが発見され。。一件落着。。したらしい

TVでは、
『なぜ?野生動物が人間のいるところに来るのか?』
って言ってたけど、

野生動物が人間の領域に来てるんじゃなくて
人間が野生動物の領域に入ってるんだと思う。

木を伐採し山を削り
どんどん自然を破壊しながら人間の領域を広めている
その結果、野生動物たちのエサも住む場所も
無くなってるんじゃないでしょうか?




                                                                                                                                                                                                  

| ★まきねぇの小話 | 15:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT