| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

・・・・・・

最近回りでおめでたい話が続き
この波に乗りたいって思っていたけれど。。。

今日。。現実を知りました。。。

本当は昨日、心&チチの子供を見ていて桜と比べて考えたときから
不安がよぎっていたんだけど。。。
夕方。。。本格的に不安になり。。。
その不安が止まらなくなったので、桜を連れて病院に行ってきました。



虫の知らせ?


不安的中?



交配27日目にエコーで見てもらったときには
小さいけれど確かにいた赤ちゃんが。。。。


居なくなっていました。。。。。。


先生も驚き


何度も


何度も


確認してくれたけれど。。。


居ませんでした。。。



コレは胎児吸収という現象らしいです。


色々楽しい未来を想像していただけに
今は何も考えられずに居ますが。。

コレは原因など無く、まれに人間にも起こることがあるとか・・

同じ事が誰かのところで起こるかもしれない。。。
悲しい事だけど『ちわわのたまご』にも記録として記載しました。

余り詳しくかけていないかもしれませんが。。。そちらをご覧下さい。

桜の事を我が事のように喜び、そして出産を楽しみにしてくれた皆様
おけいさん。。ピース君。。。原因は無いとはいえ。。。
本当に。。。言葉が見つかりません。。

今回の現象に後遺症も何もないただ赤ちゃんが居なくなっただけ
とのことなので、今後も諦めずに頑張りたいと思っています。

落ち着いたら今後も勉強を続け『ちわわのたまご』にて勉強したことなど更新していきたいと思っています。

応援してくれた皆様本当にありがとうございます。
                                                                                                                                                                                                  

|  妊娠と胎児吸収 | 20:29 | comments:72 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

胎児吸収

今日、なんだか急に胸騒ぎ?がして
不安で不安で・・気になりだしたら止まらない。。

夕方、不安解消にと桜を連れて病院へ。。

すると。。。確かに居たはずの子供が居ない。。。

流産した形跡も無い。。。

胎児吸収というまれに起こる現象らしい。。。

原因はなにか?色々聞いてみたけれど、
先生いわくコレは自然に起こることで原因など無いらしい。。

帰宅後ネットで調べてみると
某ブリーダーさんのHPにも記載されていました。

何度か出産経験のある母犬の話

交配27日で確かに2~4匹確認できていたはずの子供が
出産直前2匹がレントゲンに写らず母体から消えている事があったとか。。。
唯一確認できた子供も育たず流産してしまったとか。。。

動物は生存競争の中で生き抜くための本能を持ち合わせています。
生命力のある者だけが生き残り、弱いものは淘汰される・・・

外界に出てちゃんと生育する可能性の低い胎児であるなら、
無理に出産して自分の体力を消耗させるより、
自ら吸収することで、自分の体力を消耗させない道を選んだのでしょう。と

このHPでは胎児吸収が起こったのは手作りフード?
フードを変えたことによって起こったのではないか?となっていましたが
桜の場合。。。フードも変わらず。。たまにおやつを与える事ぐらい。。。

確かに、病院で見てもらったときは
『小さいけど確かにいてる』と先生は言ったし
今回も先生は『確かに居たはず!!』と何度も確認してくれて
子供が小さすぎて育たなかった為、母体に吸収されたと考えるのが自然だとのこと。。。

もう少し大きいたい胎児が吸収させた場合
骨の一部が異物となって子宮に残る事もあるとか・・
もしその場合でも何の問題も無いらしい。。。

今は何が起こったのか理解できず。。。
言葉が整理できない状態ですが
今後同じような事が誰かの所でも起こるかもしれない。。。


そのときの為に。。今回の事を記載したいとおもいます。

そして落ち着いたらサイド勉強をしコチラを細々と更新していこうと思っています。

最後に桜の出産を応援してくれた皆様
本当にありがとうございました。
桜自体に問題は無いらしく、今後も出産可能とのことですので
諦めずにいたいと思っています。

                                                                                                                                                                                                  

|  妊娠と胎児吸収 | 14:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

胎児吸収の原因

少し落ち着いたので色々胎児吸収について調べて見ました。

体内で赤ちゃんが成長できずに虹の橋を渡ってしまった場合
母体に吸収されてしまうというもの。

主に妊娠6週目くらいに起こることが多い。
胎内に1匹以上いた場合でも全て吸収されてしまう場合と
1匹もしくわ2匹のみ吸収されることもある。

このような現象が起きても母体には何の異常もなく
見た目も正常に見える。
ただ母犬はおとなしくなったり、落ち着きが無くなったりする場合もある。

もう少し成長した胎児が吸収された場合
胎児の遺体の残留物によって感染が起こり、発熱や食欲がなくなったり、
膣に血が混入したり、化膿した分泌物を排出することがあります。
この場合、数週間の抗生物質の投与が必要。


どちらにしても胎児の発育を維持できない状態になったときに起こるとか。


人間でも妊娠中の下痢は良くないとか
当然下痢をするって事は栄養を吸収できていないわけなので
子供にもよいわけは無く。。

桜は元々下痢のしやすい子だってわかっていたのに
下痢しやすい環境にしてしまっていた私。

おやつやフードでも急に新しいのを与えると下痢をする。
人見知り&犬見知りが激しい。
どれをとってもストレスを感じ下痢をする可能性が高い事。

病院ではそれが原因ではないといわれたけれど
やっぱり可能性の一つだと思う。

他の妊婦犬は大丈夫でも個体差があって
皆大丈夫ってわけではない。

妊娠中のシャンプーもダメ。 散歩もダメ。 っていう人も入れば
安定期に入れば問題ないって人もいる。

でも今回思ったのは
ダメって言うにはそれなりの根拠があっての事。

アノ子が大丈夫だから桜も大丈夫って思ってしまった今回の事は
私の思い込みでなんの根拠も無いこと。

良いって言ったからシャンプーした。

でもそれはいいわけで責任転換しているだけの話で...

人間でも出産マジカまで動いていても平気な人もいれば
ずっと病院のベットで安静にしなきゃいけない人もいる。

赤ちゃんの事も、何をしても出来ている子は出来ている
だめな時は何をしてもダメって言うけれど

桜やチャキには私しかいないのに
その私が見てあげられなかった事

一番近くにいるからこそ
わかってあげなきゃいけなかった事

わかっていたのに、忘れていた事だけに後悔ばかりです。

桜に赤ちゃんが出来た!って喜びが大きく
桜以上にテンション上がって調子に乗ってしまった結果
本犬の桜の事を見失ってしまっていた事

でも後悔しても赤ちゃんは戻ってこない。

今後、妊娠とか別にしても
少しでも長く一緒に時間を過ごすために
もっと勉強してチャキ桜の事わかってあげなきゃって思っています。

桜の下痢はただ単におやつの食べすぎなのか?
種類によってのアレルギー反応なのか?

そして同じような過ちをしないためにも更新していこうと思っています。
                                                                                                                                                                                                  

|  妊娠と胎児吸収 | 13:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

交配27日エコー

そろそろフィラリアの時期
チャキの薬(フィラリア)ももらいに行かなきゃいけないので
桜も一緒に病院へ~

エコーで桜のお腹を見てもらうと

なんと

いました~~~!!!

いました~~~

最近トリミングに行っていなかったため、
お腹の毛がボウボウだったのでエコーでは確認しにくいとのことでしたが
確実に1匹はいるそうです~


桜の赤ちゃん


素人の私が見てもなんじゃわからないエコー写真。

でも左上の黒いのがそうらしい~♪

妊娠中は薬は控えるようにと聞いていたのですが
先生に確認すると、
ノミやダニは駆除できるけどフィラリアは怖いので
薬は飲ませるようにとの事。

チャキの分とあわせて薬をもらうけど、
この薬。。。体重2.8kまでしか効果ないらしい。。

桜の体重2.8k
赤ちゃんが大きくなると確実にオーバーしちゃう。。。

って事で今回の分のみ頂いて、来月分は出産時期になるので
そのときにでも又みてもらお~♪


【豆知識】病院の先生いわく。
 フロントラインの注意書きには、妊婦でも使用可能と書いているけど
 フロントラインの使用は出来るだけ避けるほうがいいらしいです。
 ノミやダニは噛まれると怖いけど、早期発見で薬を使わず駆除する事が可能だからとの事。
                                                                                                                                                                                                  

|  妊娠と胎児吸収 | 14:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |